えのちゃん奮闘日記⑤

えのちゃん奮闘日記⑤
一日空けてしまってすいません。ナレッジ作業がどうにもこうにも煮詰まってしまって、後回しになってしまいました。
それはともかく、大阪の女性は綺麗な人が多いという理由の一つに、「流行に左右されない」というのがあるでしょう。
みんなが思い思いの服を着てて、しかもそれが似合ってるんですよ。良いですね個性って。

日曜日も心斎橋に繰り出して夜まで遊びまわってしまった男榎本ですこんばんわ。
本当は携帯をソフトバンクに変えるためだけに行ったんですけどね・・・


さて、ついに来ました5日目の朝。
準備はしたものの、受け入れの準備やらその後どうやって教えたらいいものやらと考えていて、とりあえず早めに出社して待ち構えていようということで、大体8時ぐらいに出社。
ここで荏原さんと受け入れのシュミレーションを行いました。
ほんと、これやってなかったらどういうことになっただろう・・・・しどろもどろな説明だとみんな不安になったんだろうなぁ・・・
この辺り荏原さんに大感謝。

最初のメンバーは3人、最初は打ち解けるために軽い感じの会話をしましたが、ものっそい速さで打ち解けることが出来て大満足。
さすが大阪、基本ノリは良いからしゃべるしゃべる。個人的にここはありがたかったです。
笑いが絶えない職場、会話が飛び交う職場・・・それが人に聞きやすい最高の環境を作り出すと信じていた自分にとってはうれしい誤算でした。

そして、自分が今まで気がつかなかった、もしくは苦手と思いこんでいたいくつかを気づくことが出来たこともでかい収穫でした。
その中でも、受け入れについての説明や、仕事についての説明が普通に出来ることは、人に説明することがわりかし苦手と思っていた自分にとってすごい驚きでした。

やっぱり必死になればやって出来ないことはないんですよね。
これで自分自身にさらにどでかい自信がつきました。

そして初日を荏原さんに見守られつつ進め、なんとか無事に初日を乗り切ることが出来ました。
その後荏原さんと反省会。気づいた「良かったこと」「悪かったこと」を見直し、これからに繋がるでかい一歩を感じました。
初日メンバー.JPG


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.meisters-inc.net/mt/mt-tb.cgi/33

コメント(3)

>さすが大阪、基本ノリは良いからしゃべるしゃべる。

東京組でよく喋り社交的なコミュニケーション上手の2トップは、
東京センター長とえの氏なのでホント適材適所だったんだなぁと思いました。
 

いろんな人の援助はままあるとして、人数的に☆35さん的立場の人がひとりってのはやっぱり大変ですな。
☆5ができることがあれば声をかけて下さいな♪
他の人でもできる事は他の人にやらせていきましょうや。

合言葉は「だが断る」だ!

いい人材そろえて、スタッフの持てる力を結集して仕事ができると一番いいんだけどね。
えのもっちならやれると思う。

コメントする

最近のコメント

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。